物理演算エンジン(物理エンジン)、運動シミュレーションソフトをご提案します

             VMC Inc.           MotionSim Division

      株式会社ブイエムシー MotionSim事業部

運動シミュレーションソフトの性能は物理エンジンのパフォーマンスに左右されます。
真に使える運動シミュレーションソフトのためのプロフェッショナルユースの物理エンジンをご提案します。

ワイヤー・クレーン・海洋用途

ワイヤー、ケーブルの動きを実際の挙動に即して実現することは、難易度の高いシミュレーションです。

AGX Dynamicsでは、AGX Wire、AGX Cableの二つのモジュールを用意し、状況に応じて最適なシミュレーション結果を得られるようにしています。

AGX Wireは、数千トンある大型クレーンが数十キロの貨物を吊るすような質量差の非常に大きいシミュレーションを正確に実行することを可能にします。

AGX Cableは、より繊細な動きを再現し、ねじり、ひねりといった現象の再現も可能です。

ワイヤー、ケーブルシミュレーションに必要な要素
  • メカ部分の拘束を正確にシミュレートする機構解析性能
     全自由度法により、各拘束の力を6自由度すべてで取得可能。
      正確な機構解析を実現します。
     
  • 質量差の大きなオブジェクト同士でも発散しない安定
     AGX Dynamics独自の直接法ソルバーの性能によって、1:109の質量差を持つ
    オブジェクト同士のシミュレーションも実行可能です。
      大型クレーンでの貨物の吊り下げなどのシミュレーションに最適な機能です。

     
  • ケーブル
     剛体間の拘束部分にユーザー任意のパラメーターで弾性を挿入することができ、
      ロボットなどに付帯するケーブルの動きを忠実に再現できます。
      ねじり、ひねりといった現象の再現も可能です。(剛体の大変形の取り扱いが
      できませんので、キンクの現象までは再現ができません。)
     
  • 水力学
     AGX Dynamicsは水力学のモジュールを持っています。
      専用の流体解析ソフトほどの精度は持っていませんが、波による影響、付加質量
      などの扱いは可能です。

詳しくはAGX Dynamicsのページをご参照ください。

その他用途の事例を見る

ロボット

クレーン/ワイヤー

建機・重機

海洋

マテリアルハンドリング・ピッキング

3D CAD

大型機械

クローラー

粒子